会社沿革
1925年 (大正14年) 4月
小堀明治が浅草区橋場町で小堀製作所を創業(時計部品を製造)
1945年 (昭和20年) 3月
戦災により、目黒区緑が丘へ移転
1953年 (昭和28年) 12月
株式会社小堀製作所へ改組(資本金50万円)
代表取締役社長に小堀芳郎が就任
1957年 (昭和32年) 5月
本社所在地(東京都大田区矢口)に新工場建設し移転
1961年 (昭和36年) 9月
茨城県岩瀬町(現桜川市友部)に岩瀬工場を新設
1966年 (昭和41年) 3月
社長小堀芳郎、紺綬褒章を受く
1969年 (昭和44年) 11月
本社を5階建てビルに改築
1971年 (昭和46年) 9月
山形県大江町に大江工場を新設
1974年 (昭和49年) 3月
販売促進のため丸敬産業(株)を設立
1976年 (昭和51年) 10月
山形県西川町に西川工場を新設
1978年 (昭和53年) 2月
資本金2億5千万円へ増資
1979年 (昭和54年) 3月
山形県河北町谷地に谷地工場を新設(光学レンズ製造を開始)
1982年 (昭和57年)  
「テフノンレンズ」の国内委託販売を開始
1993年 (平成  5年) 10月
金属部品の生産性と加工精度の向上のため最新鋭機を増設
1995年 (平成  7年) 12月
代表取締役社長に小堀喜八が就任
1998年 (平成10年) 11月
大口径レンズ製造のため設備導入を開始
2001年 (平成13年) 3月
代表取締役社長に小堀雄久が就任
2002年 (平成14年) 11月
中国に合弁会社「栄成富源小堀電光有限公司」を設立
2005年 (平成17年) 9月
関連会社丸敬産業(株)が出資したバングラデシュPrecision社へ委託加工を開始
2006年 (平成18年) 9月
4工場すべてがISO14001を取得完了
2008年 (平成20年) 9月
高精度及び少量部品加工の集約化対応のため大江工場を増設
2009年 (平成21年) 8月
代表取締役社長に小堀悦朗が就任
2010年 (平成22年) 7月
高品位製品組立を目的に西川工場にクリーンルームを設置
2011年 (平成23年) 4月
高品位レンズ・プリズムコートのため谷地工場にクリーンルームを設置し最新コート機を増設
12月
代表取締役社長に小堀悦朗、代表取締役副社長に南河達治が就任
2012年 (平成24年) 10月
高品位製品組立を目的に大江工場にクリーンルームを設置
2013年 (平成25年) 7月
資本金1億円へ減資
9月
会社設立60周年記念事業として、統合基幹業務システムを導入
12月
取締役会長に小堀悦朗、代表取締役社長に南河達治が就任
2014年 (平成26年) 3月
会社設立60周年記念事業として岩瀬工場を改築し、事業所名を茨城工場へ変更
10月
大江工場と西川工場を統合して山形第1工場とし、谷地工場を山形第2工場へ変更
2015年 (平成27年) 1月
(株)小堀ホールディングスを完全親会社とする持株会社制へ移行